温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

ホテル アマービレ舞鶴

| 0件のコメント

2019年3月訪問

京都府の舞鶴で泊まる宿を探していました。

初めて訪れる舞鶴。ホテルの選択肢はいくつかありましたが、”大浴場付き” が決め手になり、今回はホテル アマービレ舞鶴を予約しました。

ホテルは大通りから少し入った住宅街の中にありました。深く考えずに到着しましたが、駐車場がわかりません💦

とりあえず路上に停めて聞きに行くと、少し離れた場所にあるようです。

それが、ここ↓   改めて公式サイトを見ると、駐車場の説明が細かく書かれていました。

駐車場の隣は、洋食レストラン松榮館。

その隣がホテル アマービレ舞鶴です。

中に入ると、すぐにフロント。

その奥に広めのロビースペースがありました。

お部屋

お部屋は4Fでした。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:【早割21】朝食付き☆早期予約がお得!さあ、まさに今♪21日前までの限定プラン☆
部屋タイプ:ツインルーム(禁煙)
平日泊: 1人 / 6,000円

十分な広さのツインルームです。

公式サイトを見ても、部屋の広さ、ベッドの大きさは書いてありません。ナイトウェアは浴衣。

窓際にシーティングエリアがあるのはぴーぱー好み♪

窓からは、一応海が見えました。

サービス飲料は緑茶のティーバッグ。

冷蔵庫は問題ない大きさ。

入口の方に戻って、

入口横に大きめのクローゼット。

スリッパは形違いのビニールタイプが2つありました。

クローゼットの向かいにユニットバスルーム。

アメニティ。

大浴場があるので使わなかったけど、浴槽は大きめです。

ぴーぱーは利用しませんでしたが、隣接するレストラン松榮館のメニューが置いてありました。

4Fのフロアマップです。どうやらハーバービュー(?)の部屋はツインルーム、反対側はシングルルームのようです(←あくまでも想像ですが)。

部屋は十分な広さだし、一応港も見えます。Wifiは最初繋がりにくかったですが、その後問題なし。

ただ夜間、上の階の足音が結構響いたのが気になりました。゚(゚´Д`゚)゚。 それ以外は問題ない部屋です。

大浴場

館内を見学しながら大浴場に行ってみましょう。

喫煙、禁煙はフロアごとに分かれているようです。最上階の5Fは喫煙フロアなんですね。

まずは3Fで降りてみました。ランドリー、自販機、電子レンジ、製氷機は同じ場所にありました。

洗濯機は大きさ別に2台あり、4.5kg/200円、7kg/300円、乾燥機は30分/100円です。洗剤は無料サービス。

自販機の品揃え。

アルコールの値段はこんな感じです。

続いて1Fに行ってみましょう。

1Fのエレベーター横に無料のコーヒーマシーンが置いてあるのは嬉しいサービス♪

ロビースペースにはお土産も売ってます。

ロビーの奥に無料休憩スペース。

朝はここが朝食会場になります。

無料休憩スペースとは反対の奥に、大浴場。廊下の奥は洋食レストラン松榮館で、夜は渡り廊下で行き来できるようになっています。

まずは女湯からご紹介しますが、入口に鍵はありません。レストランへの行き来に使われる廊下に面しているので、セキュリティ面がちょっと気になりました。

入口のガラス戸を開けると、すぐに脱衣所は見えない作りにはなっています。

大浴場は “一応” 温泉のようです。ルートインの「旅人の湯」のようなものでしょうか?

鍵付きロッカー。

洗面台には化粧品あり。

狭いながらも雰囲気のある浴室。お湯がぬるめで、なかなか身体が温まらなかったのが残念。

洗い場は3カ所。

続いて男湯です。

女湯より一回り広い脱衣所。

男湯も洗面台のアメニティは豊富です。

浴槽も大きい!

シャンプー類は女湯と一緒です。

女湯はやや小さいながらも、ホテルの規模から考えたら十分な大浴場で満足です。

部屋から浴衣で行き来して良いのですが、エレベーターがロビーに面しているので、大浴場の行き帰りに必ずロビーを通らなくてはなりません。その日は船の乗組員みたいな外国人(インド系?)の団体が宿泊していたようで、ロビーはいつも賑わっていました。

女湯の入口には鍵もないので、事情のわからない外国人が間違って入ってきたりしないか?と、ちょっと心配でした。

朝食

チェックイン時「朝食が混み合うことがあるので、時間帯を決めさせていただいてます。何時頃がいいですか?」と言われて選んだのが、3部7:50~9:00の時間帯でした。

1Fのレストラン椿へ向かいます。

昨夜の無料休憩スペースに料理が並べられていました。

ロビーに置かれていたコーヒーマシーンは、朝食の時間帯はこちらに移動してきます。

さて、何を食べようかな♪

公式サイトには、朝食は “セミバイキング” と書いてありましたが、全てバイキングでした。

うどんとそば両方あるのは珍しい。

どちらかと言うと和食中心のメニューです。外国人は食べられるものあるのかな!?

公式サイトには 朝食のお米には自信があります!! と書かれていましたが、炊き方が悪いのか?特別美味しいわけでもなかったような、、、σ(^_^;)

パンもあります。

ドリンクも数種類。

公式サイトを見て期待していたほどの内容ではなかったのが残念、、、

あんまり食べたいものはない、、、

メニューのバリエーションはイマイチですが、ぱーは朝食で楽しみにしていたものがありました。

海軍カレーです( ´ ▽ ` )ノ

レストラン松榮館で海軍料理書をもとに再現したというカレーが、アマービレ舞鶴の朝食バイキングで食べらるんですよ♪

それが、こちら↓    楽しみー・:*+.\(( °ω° ))/.:+ いただきまーす!!

、、、、、、d( ̄  ̄) 味しない。

海軍カレー、ほとんど味しないんですけど!?

このカレー、松榮館で食べたら1,100円ですよd( ̄  ̄)

長野県のホテルプラトンの朝食に出てきた”料理長が改良に改良を重ねたカレー” もすごく変わった味がしましたが、この海軍カレーもなかなかのお味です。って、味しないけどね。

化学調味料を使ってないなのかな?強いて言えば “優しい味” です。

店内は奥に広く、席は結構空いてました。皆さん、早くに出発したんですかね。

泊まった感想

駐車場がちょっと離れているのが難点ですが、部屋も広く大浴場もあるので全体的には満足です。

朝食がやや残念な内容でしたが、600円なので仕方ないでしょう。

美味しいかどうかは別にして、海軍カレーを味わえたことは満足✨ 好みはあるでしょうが、ぴーぱーは1度食べれば十分なお味でしたね( ´_ゝ`)

ホテル アマービレ舞鶴、大浴場好きの方にはオススメですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています