温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

Blue apartment close to Port and Center (Patra):ギリシャ8日目

| 0件のコメント

2018年12月訪問

ギリシャ8日目の朝です。(7日目の様子はこちら → Pineas

今日も良い天気♪

まずは朝食に行きましょう。Pineasはすべて朝食込みプランでした。

レセプション横の朝食会場。

とっても広いです。

朝食はブッフェ。

スタッフの女性が「これはクリスマスのお菓子よ」と教えてくたものが数種類。

タッパーの中はお決まりのギリシャヨーグルト。

基本的にはAdam’s Hotelの朝食内容と一緒ですが、ここには野菜がなかったのが残念。

クリスマスのお菓子中心だとこんな感じ。

パン中心だとこんな感じです。

出発前にゲストハウスの前から見えたカランバカの町と奇岩。

さて、ここから南下してアテネへと戻るわけですが、帰りはペロポネソス半島を通ってみようと思います。

まず今日は、半島の入り口の町パトラを目指します。

ゲストハウスを出発して田舎道を走っていると、道端にこんな可愛い祠を発見。

そういえば日本も色々な場所に神社があるし、道路沿いにお地蔵様や観音様が祀ってありますよね。なんとなく “日本とギリシャって似てるなー” と思った瞬間でした。

高速道路にのりました。この風景も、ちょっと日本ぽいかも。

ペロポネソス半島へ渡るための橋、リオン・アンティリオン橋に到着。

ここまで来るのにも区間ごとに高速料金を払ってきましたが、橋の通行料もかかるようです。いつも通り料金所手前の料金表を確認すると、なんと€13.30!!

今まで払ってきた料金は最安で€0.75、最高で€3.85だったのでびっくり!!

ちなみに徒歩の場合は無料だそうです。

パトラ方面へ向かいます。

今日泊まるのは、パトラ市内のアパートメントです。

アパートメントは鍵の受け渡し等があるので、予約時に到着予定時刻をオーナーに知らせておく必要があります。今日のオーナーにも「17時頃到着予定です」と伝えておきました。ただ、予定はあくまでも予定です。車だと時間も読めないし、前後する可能性があります。なので「レンタカーで行く」旨も伝えておきました。そうすれば、駐車場を利用することも想定してくれると思ったからです。

色々アパートメント対策を考えてギリシャにやってきましたが、最初に泊まったスニオン岬のアパートメントで早速、想定外のアクシデントが起きました。アパートメントの場所(建物)がわからないんです! その時の様子はこちら → Sandra’s Sea View at Sounio

これはまさに想定外。建物に、なんの標識もサインも出ていないとは思いませんでした、、、

スニオン岬の教訓から、今度はGoogleマップで住所検索し、ストリートビューで建物を特定。その建物で間違いないか?と、オーナーにメールで問い合わせました。

するとオーナーから「そう、そのビルです。入口はお店の横で、車は中の駐車場に停めてください。エントランスの中にキーボックスがあって、その中に部屋のキーを入れておきます。キーボックスの番号は、、、」と返事がきました。建物は合ってるようです。

「到着した時にもし私がいなくて、何かわからないことがあったら電話ください」と電話番号も書いてありました。

よし、完璧。

どこも観光せずに走ってきたので、15時頃にパトラに着いてしまいました。食料品の買い出しもしたかったけれど、まずは一度アパートメントに行ってみることにしました。オーナーに伝えた時間よりかなり早いけど、アパートメント自体は “15時からチェックイン可能” と書いてあったので問題ないでしょう。キーボックスの番号も聞いてるし♪

思いのほか大きいパトラの町を抜け、少し町外れで静かになった辺りにBlue apartment close to Port and Center はありました。

サインがあったかどうか覚えていませんが、ストリートビューで確認した通りの建物なので間違いないはず。

門を開けて車を中に入れていると、

上から女性が顔を出しました。

オーナーだと思い「Hello」と笑顔で声をかけると、彼女は戸惑ったような表情を浮かべました。『あれ?オーナーじゃなかったのかな!?』

その女性は下に降りてきました。そして、ぱーに自分の携帯を渡してきます。

『ん?』と思い受け取ると、電話の相手がオーナーの女性でした。彼女は明るい声で「ようこそ、ぴーぱーさん。よく来てくれたわねー」と言うので「ちょっと早く着いちゃったんです、ごめんなさい」と答えたら「あら、いいのよ。でも17時って言ってたわよね」と言います。

そして、そこから先が何を言ってるのかよくわからないんです、、、

ぱーは、キーボックスの番号も聞いているのだから、もう部屋に入れるものだと思っていました。でも “なんらかの理由” でまだダメみたいなんです。その “理由” がなんなのか?がわかりません。

イマイチ話しがわからず、ぴーに代わってもらいましたが、やはりわかりません。目の前にいる女性に至っては、全く英語は喋れないようです。

もう一度ぱーに代わり、お互い一生懸命に話し合ううちに段々話しが見えてきました。

どうやら、目の前にいる女性は部屋の掃除を任されている知り合い(?)で、まだ掃除が終わっていないみたいなんです。17時までに終わらせればいいと思っていたので、まだ始めたばかりだったようです!(すでに15時過ぎてますが、、)

オーナーも「まだ掃除が終わっていない」とはハッキリ言えなかったようです。それで回りくどい言い方をするから理解できなかったのかも。

「つまり、まだ掃除が終わってないということですか?」と聞いたら「そーなのよ!」と、ようやく理解してもらえた安堵感の返事が返ってきました。早くそう言ってよ、、、

ぴーぱーも、この後スーパーに買い物に行くつもりだったので「買い物に行って、1時間くらいしたらまた来ます」と言ったら「そうしてちょうだい♪」と、オーナーは嬉しそうに電話を切りました。

というわけで、先に買い物です。

今まで行ってたスーパーとは違う店を発見。この先はこの店に行くことが多かったです。

16時30分頃アパートメントに戻り、再び車庫に車を入れました。

先ほどの女性が上から笑顔で手を振ってきます。どうやら掃除は終わったようです。

鍵を受け取って中に入ります。

ここからが、ぴーぱーの占有エリアです。

まず入ると手前にテラス。

掃除の女性はこのテラスから下を覗いていたわけ。

その奥にお部屋です。

今回【Booking.com】から予約したのは

1アパートメント:1泊 / €49(諸税込)

アパートメントサイズ:33㎡(クイーンベッド1台)
Parking provides air-conditioned accommodation with a patio and free WiFi. With mountain views, this accommodation offers a balcony.

Sandra’s Sea View at Sounioに比べたらかなり小さいですが、2人にはちょうどいい広さかもしれません。

小ぶりなリビングスペース。電気ヒーターがあって暖かかったのが良かったです。

奥にキッチンスペース。これも程よい大きさで良いな♪と思いました。

が、よく見るとコンロがありません。シンクもあって、まるでキッチンですが、熱源がないので調理はできないんです!

そのせいか(?)オーブンあり。

しかし、なぜオーブン!? 電子レンジの方が調理の幅が広がると思いますが!?

サービス精神は旺盛なオーナーです。ティーバッグやコーヒーはたくさん置いてあります。

トースターと湯沸しポット。

色々置いてありますが、洗い物しかできないキッチン。

カップやグラスはたくさんあります。

その他、微妙な備品たち。

雰囲気はとっても可愛いんですけどね。

ロールカーテンを開けると隣の家の庭が見えます。冷蔵庫の上に置いてあるオレンジは、隣の庭のだったりして!?

冷蔵庫の中に、サービスのビールとノンアルコールビールあり。チョコも入ってました。

キッチンの横にお風呂とトイレ。

“トイレには紙を流さないでください” という注意書きがありました。

可愛いし、ボディソープやシャンプーも置いてあってサービス満点のシャワースペース。でも、ちょっと狭いんです。

そしてカーテンを閉めても両側に隙間ができて、落ち着いてシャワーを浴びることができません、、、

洗面所もコンパクト。でも必要なものは揃っています。

リビングの方に戻って、

リビングの横にベッドルーム。

タオルの上にもチョコが置いてあるのは可愛い演出♪

下の写真、左側の白いドアは隣室と繋がっている扉だと思いますが、もちろん開きません。

クローゼットの中にアイロンあり。

テーブルの上に、部屋の説明や緊急連絡先、周辺の店の地図などが手書きで書かれた “お知らせ” がおいてありました。本当に親切なオーナーです。

最初にその “お知らせ” をよく読まなかったので気付きませんでしたが、シャワーを使う前にはスイッチを入れないとお湯が出ません。

この後泊まるアパートメントでも同じシステムだったので、これがギリシャの一般家庭の標準装備なのかもしれません。そして使い終わったら切っておくこと。これもギリシャの標準のようです。

なんだかドタバタの到着でしたが、シャワーも浴びてようやく落ち着きました。

今日の夕食は、スーパーで買ってきたツナ缶と手持ちの野菜を入れた炊き込みご飯です。今日も “旅がらす” が大活躍。本当に便利な旅のお供です♪

泊まった感想

今日のアパートメントは “ギリシャの一人暮らしの友人の部屋に泊めてもらった” みたいな雰囲気の部屋。広くはないけど色々気遣いを感じるし、面白かったです。

シャワーの使いにくさは、ここに限ったことではありません。ある意味、これもギリシャの標準なのかも。

このアパートメントも【Booking.com】ペイメントで事前引き落とし。現地でのお金のやり取りはありませんでした。

予約している時から気になっていたのですが、この【Booking.com】のアパートメントとAirbnbとは何が違うのでしょう!?

Airbnbはまだ利用したことないんですが、そろそろどこかでチャレンジしてみたいと思っているぴーぱーです。

9日目の様子はこちら → Hotel Europa Olympia

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています