温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

ホテル&リゾーツ 京都 宮津(湯らゆら温泉)

| 0件のコメント

2019年3月訪問

天橋立に行ってきました( ´ ▽ ` )ノ

初めて訪れる天橋立ですが、さすが有名スポット。料理自慢の小さな宿から中規模旅館まで、宿の選択肢は色々あるんですね。

その中からぴーぱーが選んだのは、大型リゾートホテルのホテル&リゾーツ 京都 宮津。以前は “宮津ロイヤルホテル” という名前だったようで、ダイワロイヤルホテルグループです。さて、どんなところかな!?

宮津の市街地からは少し離れた高台にあるホテル&リゾーツ 京都 宮津。ご覧の通りの巨大ホテルです。

以前やはりダイワロイヤルホテルグループだったTHE HAMANAKOに泊まり、その巨大さに驚きましたが、ここもズゴイ!!

春休み中の週末だったせいもあり、駐車場はほぼ満車状態です。

荷物を持って、入り口に向かいます。

広々したエントランス周辺。

写真は早朝ですが、チェックイン及びチェックアウトの時間帯は列ができてたフロント。

お土産コーナー。

長蛇の列に並んでチェックイン手続きを済ませ、部屋に向かいました。

お部屋

お部屋は4Fでした。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:【タイムセール】直前割ポッキリプラン★何名で泊まっても1室10000円から!人数が多いほどお得☆訳あり♪
部屋タイプ:【お部屋タイプホテルお任せ♪】洋室・和室・和洋室(喫煙・禁煙)
土曜日泊:1人 / 7,500円(入湯税別)

 ↓↓お得な訳ありプランにつき↓↓
●お部屋タイプは【洋室・和室・和洋室ファミリールーム】、【喫煙・禁煙 】より全て【ホテルおまかせ】にてご用意させていただきます。いずれも36平米もしくは10畳のゆったりとしたお部屋です。
●通常チェックイン15時→17時よりご利用可能。
●通常チェックアウト11時→10時までご利用可能。
●お部屋の眺望指定不可。

という内容です。チェックインが17時〜というのが気になりましたが、これが一番安いプランだったので仕方ありません。

お部屋は【ホテルおまかせ】でしたが、一応禁煙リクエストをしてみました。するとその後「確約はできませんが空室があれば禁煙室、満室の場合は喫煙室の消臭対応をします」というメールを頂きました。これは好印象♪

そして当日、喫煙室でした、、、、というより喫煙フロアです。廊下がタバコ臭い(>人<;)

部屋は消臭対応してくれたのかもしれませんが、ユニットバスルームはタバコの臭いがします💦 これはよくあること。換気扇を伝って臭いが流れてきちゃうのかな!?

まあ贅沢は言えません、【ホテルおまかせ】部屋なんですから。何しろフロントが激混みですから、満室なのは仕方ないです。

ベッドは十分な大きさ。ナイトウェアは浴衣です。

シーティングエリアにソファがあるのはTHE HAMANAKOと一緒。

窓の外は、満車の駐車場ビュー。

でも “一応” 海も見えました。

部屋が広々しているのは良いですね。さすが36㎡♪

冷蔵庫も大きめ。

冷凍部分があるのでアイスも冷やせるかも。

サービス飲料は緑茶のティーバッグ。

大きめのクローゼットの中に金庫、スリッパがありました。スリッパはビニールタイプのみ。

タバコ臭いユニットバスルーム。

大浴場があるので使わなかったけど、大きめの浴槽です。

アメニティはポーチに入って置いてありました。

中身はこんな感じ。

部屋の鍵が2本もらえるのもTHE HAMANAKOと一緒。ダイワロイヤルホテルグループのお決まりでしょうか?

部屋は広く、Wifiもサクサクで居心地は悪くありません。ちなみにロビーもWifiサクサクでした✌️

大浴場

館内を見学しながら大浴場に行ってみましょう。

エレベーターホールです。

ここからは天橋立が見えました。

天橋立に沈む夕日も見えるそうです。

エレベーターホールに自販機。

アルコールの値段はこんな感じ。

サイズ違いの浴衣も置いてありました。

B1Fに降りてきました。大浴場の手前にも自販機と製氷機がありました。製氷機は1カップ/100円です。

コインランドリーは洗剤不要の洗濯機/200円、乾燥機30分/100円。

大浴場に着きました。

が、お風呂は激混みです((((;゚Д゚)))))))

撮影禁止とは書いてありませんでしたが、とにかく混んでて写真なんか撮れません。浴室は決して狭いわけではありませんが(むしろ広い)、洗い場待ちになってました!!

なので、ぱーの記憶の限りでご紹介します。

脱衣所、浴室の洗い場共にアメニティは豊富です。無添加化粧品まで置いてありました。

内湯は塩素臭がする広いお風呂。ところで、公式サイトにはちゃんと書いてありますが “内湯は温泉じゃない” ってことを、皆さん理解してるんでしょうか? 給湯口の横で気持ち良さそ〜うに入ってる方もいらっしゃいましたが、これ、ただの “お湯” ですからね。

そして正真正銘の温泉である露天は岩風呂です。露天への出入り口に「外との寒暖差が激しいので、体調管理に気を付けてください」という注意書きがありました。

ドアを開けると、寒い!!((((;゚Д゚)))))))

その日は確かに寒い日でしたが、3月も下旬です。それでこの寒さですから、真冬はどうなるんでしょう!?

露天も混んでます。小さいお子さん連れが多いです。浴槽の横に分析書が掲示されていました。源泉名は湯らゆら温泉。源泉温度は16.5℃の塩化物泉で、加水加温循環塩素。ほんのちょっと舐めてみたら塩っぱいお湯でした。

ぱーが分析書を眺めていると「あれ?ここ、温泉なんだね!?」という声が聞こえてきましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

なるほど。皆さん、温泉だろうと水道水だろうと循環だろうとなんだろうと、特に気にしてらっしゃらないわけですね(・∀・;)

よくわかりました。とにかく混んでるお風呂で疲れました。

お風呂とは関係ありませんが、エレベーター前に明日の朝食会場の注意事項が書かれていました。お風呂の混み具合から察するに、朝食会場も激混みなのでは!?

素泊まりにして良かったねー( ´_ゝ`) と、しみじみ話すぴーぱーでした。

泊まった感想

春休みだったからか、館内は家族連れで賑わっていました。大型ホテルはファミリーには人気が高いのかもしれませんね。

「安かったこと」も選んだ理由の1つですが、実はもう1つ、ぱーがホテル&リゾーツ 京都 宮津を選んだ大きな理由があったんです。

それは、公式サイトの冒頭の写真です。高台から天橋立が綺麗に見えている写真がトップページに載っているんです。

ホテル&リゾーツ 京都 宮津は、宮津市街地からは少し離れた高台に建っています。初めてこのエリアを訪れるぱーは、ホテルの敷地内に展望台があって、そこからこの景色が見えるのかと思ってたんです。

でも違いました。行ってみてわかりました。ホテル&リゾーツ 京都 宮津からは、この角度で天橋立は見えませんね、、、、

ちょっと騙された気がしましたd( ̄  ̄) いえ、勝手な思い込みですけど、、、、

ホテル&リゾーツ 京都 宮津を訪れる予定のある方、公式サイトに掲載されてる景色はホテルからは見えませんので期待してはいけませんよ。←みんな知ってる!?

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています