温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

硯川ホテル(硯川温泉)

| 0件のコメント

2018年8月訪問

大好きな志賀高原に行ってきました( ´ ▽ ` )ノ

一口に「志賀高原」と言ってもエリアはとても広く、温泉もあちこちにあります。今回予約した硯川ホテルは、有名な熊の湯ホテルのすぐ近く。以前、志賀高原の宿として紹介した渓谷の湯とはまた違ったエリアです。

宿の目の前にリフト乗り場があり、立地は最高♬ 冬はスキー、春〜秋はトレッキングと様々なアクティビティが楽しめそうです。

そんな絶好の立地だけに周辺にはホテルがいくつかありますが、今まで宿泊したことはありませんでした。なぜか?というと、どこもなかなか渋い外観だからσ(^_^;)

『泊まるにはちょっとな〜💦』と思い、ずっと素通りしてきたんです。

でも、今回は意を決して予約٩( ‘ω’ )و  標高1,700mの硯川ホテルにやってきました。

こうして見ると、なかなか大きいホテルですね。公式サイトを見ると、送迎付きで団体も受け入れてるそうですよ。

特に看板等はなかったけど『ホテルの横が駐車場だろう』と思い、車を入れます。

やはりここで間違いありませんでした。

荷物を持って中に入ると、ひと気のない館内。昭和感漂うインテリアです。

電気が消えた喫茶コーナー。

その横のお土産コーナー。

部屋に冷蔵庫がないので、自販機の台数は多いです。

アルコールは、安くはないですね。

受付でチェックイン手続き。フロントの年配の男性は快活な感じで安心しました。鍵を受け取り、部屋へ向かいます。

お部屋

お部屋は3Fでした。

ぴーが鍵を開けると「あれっ!? 閉まっちゃったよ」どうやら鍵は開いてたようで、再び鍵を入れてガチャガチャと開けました。

先に部屋に入ろうとしたぴーが、ゆっくりとこちらを振り返って「部屋に誰かいるんだけど、、、、、(・ω・;)」と言います。

え?(・∀・)

確かに和室の入り口にはスリッパが脱ぎ捨てられており、テレビの音も聞こえます。

二人で顔を見合わせ、さらに部屋の鍵と部屋の番号を確認。合ってます(・ω・)

では、あの人は誰、、、、???

部屋の中までは見えませんが、開けられた方の人は気づいてないようです。

「と、とにかくフロントに行こう、、:(;゙゚’ω゚’):」と荷物を持って、再びフロントへ。

先ほどの男性がフロントにいたので「すみません、部屋に他の人がいるんですけど、、、」と言うと「えっΣ(・□・;)」と一瞬は驚いた様子でしたが「あ〜、部屋を間違えたんだな、、」と言います。

そして「一緒に部屋に行きますから」と上がってきてくれて、部屋でテレビを見ながら寛いでるお婆さんに「この部屋はあなたの部屋じゃありませんよ。部屋を移ってください」と言ってくれました。が、お婆さんはキョトンとした顔(・ω・) どうやら団体客の1人のようです。

フロントの男性は「よくあるんですよ、、」と困ったように言うけど、部屋の鍵を閉めておけば、こんな間違いは起きないのでは?(・∀・;)

面倒だったので「僕達がそちらの部屋に行きますから、いいですよ」と言いましたが「いや、部屋の広さが違うんで」と男性は言ってお婆さんを移し、清掃係の人を呼んで、使った備品の交換とトイレの掃除までしてくれました。

でも、そこまでしてくれるなら、やはりお客さんが入る前の部屋は鍵を閉めておけば良いのでは?(・ω・;)

とんだドタバタでしたが💦 ようやく部屋に入ることができました。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:【北信濃エリア】【温泉】源泉掛け流しにごり湯温泉と遊湯プラン
部屋タイプ:和室 トイレ洗面付き
休前日泊:1人 / 8,100円(入湯税別)

これは通年あるスタンダードプランのようです。食事内容の違いでプランは色々選べますが、ぴーぱーは一番安いこのプランにしました。

部屋タイプは、じゃらんnetからの予約の場合は「和室」との表記のみです。公式サイトを見ると、10畳、12畳、和洋室、洋室とあります。人数によってホテル側で振り分けるのでしょう。

値段が安いことに満足して、あまり部屋の広さは考えていませんでしたが、十分な広さでびっくり。

窓の外は駐車場ビューです。

座椅子がないのが残念ですが、今日は食事が会場食なので我慢しましょう。

お湯ポットは保温タイプ。お茶菓子ありです✌️

大きめのクローゼット。

中にタオルと浴衣が入ってます。

入口の方に戻ると、

入口の横に洗面所と、

ウォッシュレット付きトイレ。

冷蔵庫とクーラーがないのは残念だけど、なんとこのホテルの部屋にはWifiがあるんです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

これはかなりポイント高いですよねー♬

「Wifiあり」と書かれていても、実際に行ってみると使えないホテルが多いので、ぴーぱーは最近「Wifiの繋がりやすい部屋」をリクエストするようにしています。

硯川ホテルも『怪しい(¬_¬)』と睨んだので、同様のリクエストをしておきました。すると、サクサクのWifiです♪

廊下を見ると結構な数のWifiルーターが設置されているので、恐らくどの部屋も問題なく繋がるのではないかと思います。

大浴場

大浴場に行ってみましょう。大浴場は地下1Fです。

まずは男湯からご紹介。

広くてシンプルな脱衣所。

2つある洗面台にはドライヤーのみ。ティッシュすらありません。

分析書を見てみましょう。公式サイトには源泉名:硯川温泉となっていますが、分析書によると源泉名:志賀高原。源泉温度68.2℃、PH6.5の硫黄泉。

加水あり、掛け流しです。

いざ、お風呂へ。

浴室もなかなかの広さです。

ぴーぱーが訪れた時は緑白色のお湯でしたが、公式サイトによると温度によって乳白色の時もあるそうです。

洗い場の数も十分。

長野県らしく「りんごシャンプー」です。

ほんのり硫黄臭がするお湯が、ザーザーと注がれています。

露天風呂はお一人様サイズ。眺望もないし、わざわざ入らなくてもいいかなぁという感じ。冬季は閉鎖するそうです。

続いて女湯です。

男湯より一回り小さく感じる脱衣所。それでも十分な広さです。

こちらも洗面台は2つ。ドライヤーのみです。

浴室は男女一緒ですね。

男湯もそうですが、浴槽内が2つに仕切られていて「ぬるめ」と「ふつう」に分かれています。でも、それほど湯温の違いは感じなかったような、、、?

他の人も同じこと言ってましたσ(^_^;)

露天風呂に出てみましょう。

露天風呂も全く一緒。小さいけど、一人でのんびり入りたい時にはいいかも♪

濁り湯の硫黄泉ですので、お湯はぴーぱー好み♪ 設備は古いけど、掛け流しのお風呂は気持ちいいです。スキーやトレッキングの後に入るには良いお湯だと思います。

ちなみに、お風呂にあったりんごソープは販売してるそうです。それから、お昼のお弁当も購入できるそうですよ。

夕食

夕食は17時30分〜。「お好きな時に来てください」と言われたので、18時30分頃フロント横の食堂に行きました。

クラブツーリズム御一行様も同じ会場のようです。

食堂はこの通りの広さ。団体客と一般客ではエリアが分かれていました。

広いテーブルから、自分の部屋番号を探します。

最初にこれだけセットされていました。

スタンダードプランですが、予約時に夕食のメインを

  1. 硯川鍋料理(信州味噌仕立て)
  2. 牛しゃぶ料理
  3. 陶板焼き料理

から選ぶシステムです。1グループ1メニューとなり、連絡のない場合はお任せになるそうです。

ぴーぱーが選んだのは陶板焼き料理。席に着くと、火を点けてくれます。

なかなか美味しいお肉でしたよ♪

それからプランの特典として

大人の方に夕食時グラスワイン1杯
子供さんに夕食時グラスジュース1杯プレゼント

というサービスもありました。グラスワインをお願いすると、赤ワインを持ってきてくれました。

その他、マグロの山かけ。

焼き魚。

冷たいお蕎麦。

ごぼうサラダ。

後から天ぷらと、

お櫃のご飯。

熱々の味噌汁を持ってきてくれます。

お水はセルフで飲み放題。

ぴーぱーが座った一般客エリアもグループが多かったです。大勢でワイワイ盛り上がっている様子でした。

長テーブルですが、隣との距離は結構離してセットしてくれているのが良心的✨ そして2人でも4人分のスペースを使ってセットしてくれているので椅子は4つあり、荷物も置けます✌️

料理も、この値段だったら十分な内容とボリューム。硯川ホテル、なかなかいいかも♬

朝食

朝食は7時半以降、好きな時間に食べられます。

8時頃食堂に行くと、昨夜と同じ場所に朝食がセットされていました。

席に着くと、お櫃のご飯と熱々の味噌汁を持ってきてくれます。

中の湯温泉旅館に泊まった時もそうでしたが、朝食は8時頃にはほとんどの人が食べ終わって席を立って行きます。山の朝は早いです。

1つ面白かったのは、食堂で働いているのは大半が男子高校生なんです!(夕食時もそうだった)

夏休みのアルバイトでしょうか?みんな無表情で、黙々と働いています。夏休みが終わると、どうなっちゃうのかな!?

泊まった感想

施設は古いですが、値段を考えたら十分満足の滞在でした(*´ー`*)

平日と休前日の料金差も500円くらいで良心的。食事も美味しかったです。

周辺には他にもいくつかホテルがありますのでリピートするかどうかはわかりませんが、コスパはかなり良いと思います。

リーズナブルな料金で山遊びを楽しみたい方には、オススメのホテルですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好き50代前半の夫ぴーと40代後半の妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています