温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

恵山温泉旅館(恵山温泉)

| 0件のコメント

2019年7月訪問

今回ご紹介するのは、知内温泉に続いて道南秘境の恵山温泉です。

住所的には “函館市” ですが、市街地からは車で1時間ほどかかります。

また先日ご紹介した水無海浜温泉近くにも “恵山岬温泉” がありますが、そことは源泉が違うようです。

2つの温泉は活火山である “恵山” を挟んだ位置にありますが、どちらもその恵山の恵みによって生まれている温泉です。

16時頃到着すると、広い駐車場の端っこの方に車が一台停まっているだけ。(写真は翌朝)

 

建物は予想以上に古く(失礼)、人気がなく静まり返っています。

「ねえねえ、もしかしてここは昔の建物で、今は違う場所に移転したんじゃないの!?」と、恐る恐る入口を覗き込んでみたら、中に人がいました!!

そして、向こうもこちらの様子を窺っています。

ドアを開けて「あのー、予約したぴーぱーですけど、、、」と名前を告げると「やーやーいらっしゃい」と笑顔になったご主人。

なんでも “今年は温泉の温度が低いので日帰り入浴は断っている” とのこと。温度が低すぎて苦情が出るそうです。

宿泊は問題ないのでしょうか?

雑然とした玄関の隅にアルコールの自販機あり。

ビールは500ml/400円、350ml/300円。

笑顔のご主人に促されて中に入ると、そのままお部屋まで案内してくれました。

お部屋

お部屋は階段を上がった2Fの部屋でした。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:【夕朝食付】新鮮な四季の味たっぷり☆恵山満喫プラン
部屋タイプ:2階 和室8畳
連休中泊:1人 / 8,850円(諸税込)

恵山温泉旅館には休前日料金はありません。”365日” ではないかもしれませんが、ほぼ一年中均一料金のようです。

広縁はないけど明るい部屋です。

面白いクローゼット。

“なぜ扉が下までないのかな?” と考えるべきか、”なぜクローゼットに床がないのかな?”と考えるべきか。

バスタオルは、かなりの年季モノ。ここまでのレベルはなかなかお目にかかれません。

クーラーはなく扇風機のみ。ついでに冷蔵庫もありません。

お湯は保温タイプ。お茶菓子は甘納豆。

窓際にグラスや湯のみが入った入れ物が置いてありました。

公式サイトに “海側の客室からは津軽海峡、晴れた日には彼方に下北半島を望めます。”と書かれていました。

確かに。この日は天気が良かったので、望遠にして撮影したら下北半島が写ってました。

シンプルな部屋ですが、居心地は悪くありません。しかも恵山温泉旅館にはWifiも飛んでいるんです。

隣の部屋の音はよく聞こえますが、それほど問題なく過ごすことができました。

大浴場

館内を見学しながらお風呂に行ってみましょう。

2Fの廊下に冷水機が置いてあったので『気が利いてるな♪』と思いました。

が、水もお湯もほとんど出ませんでした、、、

廊下の端にはストーブが並んでました。

2Fの共用トイレ。

男性用と、

女性用。

トイレが綺麗なのは嬉しいですね。

1Fに下りるとフロント前に、

お食事処。明日の朝食はここに用意されるそうです。

お食事処近くの廊下に、温泉分析書が掲示されていました。源泉名は恵山温泉。源泉温度41.5℃、PH2.2の酸性・含鉄・アルミニウム-硫酸塩温泉。

公式サイトには “火山特有の酸性濃度が強い、北海道内でも希少価値が高い「酸性明ばん・緑ばん泉」” と書かれています。

渡り廊下を通って浴室に向かいます。

突き当たりに男女別の浴室がありました。

まずは男湯からご紹介。

非常にシンプルな脱衣所、洗面台もありません。

そういえば部屋の中はもちろん、2Fの廊下にも洗面台はありませんでした。1Fのお食事処の横に1ヶ所あるのみです。

“全員がそこで歯を磨く” ということですよね。ちょっと不便です。

これが口コミでよく見かける “石鹸は使えない” という注意書きですね。

入ってみましょう。

小ぶりながらも雰囲気は悪くない浴室です。

洗い場は2つ。シャワーも石鹸も置いてありません。

なぜかリンスインシャンプーだけ置いてあります。

お湯はぬるいけど入れるレベルです。苦情を言うほどではありません。

透明なお湯がザーザーと溢れています。

ちょっとお湯を舐めてみたら酸っぱくて、気のせいかニオイも酸っぱいです。

続いて女湯です。

ドアを開けると衝立が置いてありますが、

中のシンプルさは男湯と一緒。

古くなったバスタオルが足拭きとして再利用されていますが、部屋にあったバスタオルも同じくらい古いと思います。

男湯と全く同じ浴室。

3人で浴槽に浸かるタイミングがありましたが、3人が精一杯な感じ。

全く同じだと思っていた浴室ですが、女湯には、男湯にはない便利グッズがありました。

それはホースです。

夜、お風呂に入ったら、おそらく宿の関係者だと思われる女性がお風呂に入っていて、ホースをシャワー代わりにして髪を洗っているのを見たんです。

なるほどねー(・ω・)

翌朝、ぱーも真似してホースで髪を洗いました。初めての体験です。

てっきり男湯にもあるものだと思っていましたが、ぴーに聞いても「なかった」と言うし、写真を見てもありませんね。女子の特権かもしれません。

夕食

プランには特に書いてありませんでしたが、夕食は部屋食でした。他のブログを見ても “夕食は部屋食だった” という人が多いです。

食事は18時頃に運ばれてきました。

お品書きはありませんでしたが、お刺身の説明だけしてくれました。

恵山温泉旅館に宿泊を決めた理由の1つが、この刺身。イカ、タラ、ホッケです。

“ホッケの刺身を食べてみたくてこの旅館を予約した” と言っても過言ではありません。

さて、そのお味は、、、、

うん、ホッケの味だね(・∀・) 生でも干物でも味は変わりません。ホッケはホッケです。

特別な感動はありませんでしたが、”ホッケの刺身を食べた” ことには感動です。 ごちそうさまでした✨

あ、いやまだ他にもメニューはあるんですよ。魚の唐揚げ。

魚の煮付け。

左上は魚の何か!?

イカめしと、魚の何か。

ビールはやっぱり黒ラベル。

ご飯とお吸い物。

とにかく魚づくしの夕食です。家庭料理っぽいメニューが多いですが、部屋でゆっくり食べられたのは良かったです。

ごちそうさまでした。

朝食

朝食は1Fのお食事処で「6時(もしかしたら6時半だったかも!?)から食べられます」と言われただけで、「何時にしますか?」とは聞かれませんでした。

朝、お風呂に行く時にお食事処の前を通ると、テーブルにはすでに朝食がセットされている様子が見えます。

『大丈夫かな!? 冷めちゃうんじゃないかな!? 宿の人、気にしてないかな!?』とこっちが気にしてしまい、いつもより少し早めの8時前にお食事処に行きました。

店内には他にもセットされているテーブルがあり、「お好きなところにどうぞ」と言われました。

結局他の人も、ぴーぱーの後からやってきました。

ここまでは既に(多分1時間以上前から)並んでいました。

店内に入るとお味噌汁とご飯を持ってきてくれます。

ご飯はお櫃でくれました。

厚切りのシャケ。

よく熟れたトマト、野菜のおひたし。

豆の煮物、たらこ、梅干し。

朝も家庭料理が並びました。デザートとか、シャレたものはありません。

ごちそうさまでした。

泊まった感想

ずっと前から行ってみたかった恵山温泉。湯量豊富なぬるめのお湯はのんびり浸かることができて、なかなか良かったです。

そして、最大の目的であるホッケの刺身も無事に食すことができました。道南満喫です!

お世話になりました。

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています