温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

ベイサイドスクエア皆生ホテル(皆生温泉)

| 0件のコメント

2019年9月訪問

仕事で鳥取県に行きました。宿泊したのは皆生温泉のベイサイドスクエア皆生ホテルです。皆生温泉には何回か訪れていますが、ここに泊まるのは初めて。楽しみー♪

到着しました。とってもキレイなホテルです。公式サイトによると今年で10周年だそうです。

連休中ということもあり、駐車場はこの通り満車に近い状態でした。

荷物を持って中に入ります。

入口を入ると、すぐにフロント。

フロントの横にアメニティコーナーがあります。シャワーキャップや髭剃り等、必要なものはここから持っていってください。

フロントの奥、海が見えるところにロビースペースがありました。この辺りにウェルカムドリンクのジュースも置いてありました。

お部屋

鍵を受け取ってお部屋に向かいます。部屋は3Fでした。

エレベーターを降りると目の前に “選べる浴衣コーナー” あり。こちらは女性用。

反対側が男性用です。

エレベーターホールの奥に自販機コーナーもありました。

ここに電子レンジもあります。

製氷機もありました。

ウォーターサーバーもありましたよ。

アルコールの値段はこんな感じ。サントリーの一択です。

明るくて綺麗な廊下を通って、

お部屋に着きました。

公式サイトによると、このお部屋は “パークサイド&タタミ” というタイプ。

部屋の奥に畳と掘りごたつのスペースがあります。

“温泉街の街並みから米子市街が見渡せます” と書かれていますが、ぴーぱーの部屋からは駐車場と向かいのホテルが見えました。

驚いたのはベッドの大きさ、210cmあるそうです。おかげでゆっくり寝られました。

入口の方に戻って、

ユニットバスルーム。

アメニティはフロント横に置いてあるので、部屋には歯ブラシのみ。

ん?水道の水は飲料水ではないんですね。

最近、この手のホテルに泊まる確率が高いです。ぴーが間違って飲んだら、ちょっと塩っぱかったそうですよ。

浴槽は大きめ。

入口のすぐ横にはクローゼットスペースと冷蔵庫、湯沸しポット等があります。

サービス飲料は緑茶とジャスミンティーのティーバッグ。

冷蔵庫の中には飲料水が入ってました。

ベイサイドスクエア皆生ホテルは海沿いに建っているので、大半の客室が海側になっています。

また畳スペース付きの客室だけでなく、スタンダードなデスク付きの部屋もあるようですので、お好みで部屋タイプを選ぶことができます。

Wifiも問題なく繋がりますし、なかなか居心地の良い部屋でした。

大浴場 汐の湯

大浴場は深夜は入れません。夜は忙しくて入ることができなかったので、朝6:00のオープンを狙って行ってみることにしました。

大浴場へ行くには専用エレベーターを利用します。あまり時間がなかったので “6:00少し前に行って待ってよう” と張り切ってやってきましたが、エレベーターが動きません!

本当に直前にならないとエレベーターは稼働しないようです。5分前を切ったくらいに、ようやく動き出しました。

エレベーターで1Fに降りると、すでに日帰り入浴の人が押し寄せていますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

3Fでエレベーターが動くのを待っている時に何気なく駐車場を見たら、数人の若い男性が立っておしゃべりしているのが見えたんです。『こんなに朝早く、何してるのかな?』と思ったのですが、6:00のオープンを待ってたんですね、、、

こちらが日帰り入浴の入口です。ここから中に入ると受付があります。

そんな状態なので、もちろん写真なんか撮れません。

脱衣所及び浴室はキレイでオシャレな雰囲気。ただそれほど広くはないし、開放感もありません。洗い場も入り組んでいるし、脱衣所の洗面台もあまり広くなく非常にシンプル。

このブログを書くにあたって公式サイトを見直していたら、朝風呂が混んでた理由がわかりました。早朝タイム(6:00~10:00)は、料金が安いんですね!なるほどー。

平日と週末でも料金が違います。詳しくは公式サイトをどうぞ。

夕食

夕食は、姉妹旅館の「海潮園」で会席料理を頂きました。遠くはないけど、近くもない距離です。

スタイリッシュな雰囲気のベイサイドスクエア皆生ホテルとは対照的に、古くて趣きのある建物でびっくりしました。

食事はお座敷にテーブルで頂きます。小鍋は鱧しゃぶです。

カニも出ましたが、お刺身の美味しかったこと・:*+.\(( °ω° ))/.:+

次々に出てくる料理。

お肉も出ました。

牛肉の味噌漬けです。

締めはマグロの漬け茶漬け。お漬物も凝ってました。

デザートにスイカも頂いてお腹いっぱいです!!ごちそうさまでしたー。

海潮園の公式サイトは → こちら

朝食

朝食は6:30~。1F「エンヤサンゴ」で和食バイキングです。

朝食会場も、一度建物の外に出ます。

天気が良かったからいいけど、傘をさして朝ごはんを食べに行くのはちょっと面倒かも、、

夜は居酒屋として営業している「エンヤサンゴ」

一番奥のスペースに料理が並んでいました。

中央のテーブルには種類豊富なお惣菜が並んでます。”和食バイキング” というだけに “和” のメニューが多いです。

野菜たっぷり。

パンや卵類もあります。

お豆腐。

デザート。

周りのテーブルにはソーセージやスクランブルエッグ等、温かい料理が並んでます。

カレーもありました。

ドリンクも色々置いてあります。

一通り取ってきて、こんな感じ。結局 “和” のお惣菜はほとんど食べません。

続いてカレーと味噌汁を頂きます。

デザートと、コーヒーはテイクアウトできるカップが置いてありました。

食べ物の横にも食事スペースがありますが、ぴーぱーはお隣の静かな席で食べました。

どれも手作り感があるメニューで美味しかったです♪ これで1,080円(税込)なら悪くない内容だと思いました。

泊まった感想

肝心の温泉にゆっくり入れなかったのは残念ですが、食事は美味しいし、部屋も綺麗でオススメできるホテルです。

温泉ホテルですが洋室もあり、1人での宿泊も可能です。ビジネスでも一人旅でも気軽に温泉を楽しめますよ♪

皆生温泉での宿泊に、ベイサイドスクエア皆生ホテルはいかがですか!?

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています