温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

渓雲閣(新湯温泉 / 塩原温泉)

| 0件のコメント

2017年12月訪問

久しぶりに塩原温泉にやってきました。今回訪れたのは塩原でも奥塩原と呼ばれるところ。にごり湯の宿、渓雲閣です。

この宿に訪れるのは実は2回目。数年前に秘湯を守る会にハマっていた頃に初めて訪れてそのお湯に感激し、今回2回目の訪問となりました。

日本秘湯を守る会の提灯がかかっている入口。この宿はとちぎにごり湯の会にも加盟しているんですね。とちぎにごり湯の会の会員宿は何軒か泊まっていますが(湯守釜谷松川屋那須高原ホテル元泉館中藤屋)どこも素晴らしいお湯ですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

ところでここ渓雲閣、チェックイン可能時間の15時より前には中に入れてもらえませんのでご注意を。ぴーぱーは以前に玄関の貼紙を見ていたので知ってましたが、ぴーがお風呂で一緒になった男性が「早く着いちゃったけど入れてもらえなかったよ〜」と言ってたそうです。ホントなんだね、、σ(^_^;)

駐車場は20mくらい離れたこちら。

駐車場は15時前でも停めさせてもらえます✌

入口周辺

玄関を入るとズラッと並ぶスリッパ。

旅館のスリッパで2サイズ用意されてるのって珍しいですよね。

やや怖い印象(失礼)の女将さん(多分)がチェックイン手続きをしてくれました。

そして部屋に行く前に女性は色浴衣を選びます。無料のサービスです。ぱーはこういうの面倒臭いタイプですが、若い女性は喜ぶかもしれません。

さらに希望者は枕も選べるようです。サービス満点。女将さん怖いけど。

色浴衣が置いてある横は売店。

その向かい側はロビースペースになっていて、このエリアのみWifi利用可能です。

ここには夕方〜翌朝までは冷たい麦茶が置いてあり

朝食後はセルフサービスのコーヒーも置かれていました☕

お部屋

浴衣を選んだら、そのまま女将さんが部屋まで案内してくれました。

玄関が3Fで、部屋は1つ下がった2F。

階段を降りた目の前の部屋、観山でした。

今回公式サイトから予約したのは

プラン名: 二人っきり秘湯おこもりカップル、雪見露天無料貸切(平日限定)
部屋タイプ:本館和室8~10畳+トイレ(ウォシュレット)
平日泊 1人 / 10,125円

公式サイトから予約すると他の予約サイトより500円~1,000円(プランによる)程度安くなりますが、じゃらんnetの加算ポイントを考えると500円くらいの差だったらそれほど変わりはありませんよね。

ただ渓雲閣は他にも様々な特典があり、その1つに「1グループにお酒1本付き」というのがあったので、今回はそれに惹かれて公式サイトから予約しました(〃ω〃) 他の特典も気になる方は公式サイトをどうぞ。

肝心のお部屋ですが、本館和室8~10畳のはずでした。しかし案内されたお部屋はおそらく10畳+談話室というお部屋だと思います。

まず入口を入るとなぜか台所があります。

台所と言ってもシンクとお湯ポットが置いてあるだけですが、、

冷蔵庫の上には有料コーヒー。

冷蔵庫の中にも有料ドリンクがぎっしり詰まってます。

台所の反対側は何も置いてない洗面台とトイレ。

ウォッシュレット付きのトイレはすごく広い。

そしてその奥に部屋があります。手前が談話スペースですね。

10畳の和室は広くて良かったです。

お茶菓子はおまんじゅう。

窓からの眺望はこんな感じ。

クローゼットの中に浴衣やタオル類が入ってます。

足袋もあるのは嬉しいですね。

改めて談話室。

ここにお茶セットとなぜかお手玉が置いてあり

膝掛けなんかもありました。

一見見栄えの良いような談話室ですが、ぴーぱーはあまり好きじゃないかな〜💦

椅子が固くてなんだか駅の待合室みたい。景色も見えないし、これなら普通に広縁に座り心地のいい椅子とテーブルを置いてくれた方が嬉しいです。あくまでも好みの問題ですけど。

館内の案内です。

そういえば、女将さんは部屋まで案内してくれると「後で係の者が来ますので」とすぐに部屋を出て行きました。なので部屋の写真を撮ったりして過ごしていると、しばらくしてノックと共にこれまた怖い仲居さんがやってきました!(◎_◎;)

部屋食なので夕飯の時間を決めたりするんだけど、テキパキし過ぎてて怖い(>人<;) 女将さん同様悪い人じゃないんだろうけど、接客業なんだからもう少し柔らかさがあってもいいのでは!? なんかドキドキしちゃいました、、、:(;゙゚’ω゚’):

展望大浴場 たぬきの湯

まずは男女別の大浴場に行ってみましょう。

大浴場は玄関と同じ3Fにあるので、再び階段で3Fに行きます。

玄関を通り越してさらに奥へ。

大浴場の手前に自販機あり。

まずは奥の男湯からご紹介しましょう。

それほど広くない脱衣所。

洗面台にはアメニティがずらっと並んでます。

とにかく渓雲閣はサービス満点!!お風呂専用メガネの貸出サービスなんて初めて見た!

貸切もできるそうです。

分析書は色々掲示してありましたが、詳しくは公式サイトをどうぞ。

浴室に入ってみました。湯気がすごくてよく映りません💦

お湯へのこだわりが強いようで、様々な説明書きが置いてあります。

新湯温泉のにごり湯はちょっと変わっていて、日光や那須のような乳白色ではないんです。なんていうか、火山灰が混じったような感じ?でしょうか。

源泉温度が高温なので、掛け流し量はそれほど多くありません。

続いて女湯をご紹介。ほぼ男湯と同じなので男女の入れ替えはありません。

こちらもこじんまりした脱衣所。

女湯も洗面台に様々な化粧品が並んでいます。

男湯同様、それほど広くない大浴場。

源泉100%掛け流しではありますが、浴槽からザーザーとお湯が溢れているわけではありません。その日は寒かったせいか、なんとなく身体も十分に温まらず、やや物足りない感じがしたのが残念でした。

洗い場の数はたくさんあります。

そして洗い場のアメニティもサービス満点✨

貸切庭園露天風呂 たぬき冥利の湯

渓雲閣にはたくさんの宿泊プランがありますが、おそらく全てのプランで無料で貸切風呂を利用できると思います。貸切露天風呂は1Fなので、階段で1Fにおります。

露天風呂への出入り口。

貸切露天風呂は2つあって予約は不要。写真のように入口の札を見て空いてるかどうか確認して利用します。

ちゃんと脱衣所もあって

分析書も掲示されてます。

夜はこんな感じ。露天だから給湯量を増やしているのか、お湯は内湯より熱く感じて身体が温まりました✨

そして昼間はこんな感じ。これは朝ですが、12月の朝は寒くてとても屋外で浴衣を脱ぐ勇気がありませんでした(>人<;)

なので写真だけ撮影。お湯は内湯より白濁度が高い感じです。

内湯、露天共に素晴らしいにごり湯ですが、正直初めて訪れた時ほどの感動はなかったような、、色々な温泉に入りすぎちゃったせいでしょうか?大人になるってちょっと寂しいですね(´・ω・)

夕食

夕食は18時半にお願いしました。前出の仲居さんが運んできてくれましたが、さっきよりちょっと優しくなった感じ✨ さっきは忙しかったのかな!?

お品書きはありませんでしたがプラン説明によると、安いプランのため通常とは料理が異なると書いてありました。

まずは食前酒と公式サイト予約の特典のお酒1本。グループで1本です。

こちらは陶板焼きのお肉とお野菜。

左奥の焼肉のタレ的なものを付けて頂きます。

お刺身はイワナ(だったかな!?)山の宿らしいお刺身ですよね。そしてその奥がポタージュスープ。あまり夕食で見かけない1品ですが、なかなか美味しかったです。

えっとこれは〜、、揚げ出し豆腐だったかな!?これも美味✌

そしてお味噌汁と

白米も美味しかった👏

ちゃんとデザートもあります。ムースです。

夕食美味しかったです・:*+.\(( °ω° ))/.:+ どれもちゃんと作ってる味がします。以前泊まった時の料理の記憶がほぼないんですが、この値段でこのお料理なら文句なし!!

お腹もいっぱいになって、よく眠れました✨

朝食

渓雲閣は朝食も部屋食です。朝は8時にお願いしました。ちなみに、部屋食でも希望すればお布団そのままにしておいてもらえます。お布団を奥に押しやって、部屋の手前の方にセットしてくれました。

朝食もどれも美味しかったです。左奥の小鍋はお豆腐。栃木らしく牛乳も付いてくるのが気が利いてますよね(*´꒳`*) お約束の温泉卵もありました。

色々プランがある中で今回ぴーぱーが選んだのは、2食付きの中では1番安いプランでした。でも他のプランの説明書きを読んでみても料理内容は詳しく書いてないし、箇条書きの内容を読んでみてもほぼ今回の料理と同じ感じです。

1番高い「とちぎ黒毛和牛祭り」というプランは陶板焼きの牛肉量が多いようですが、岩魚のお造りも付く絶品グルメプラン  と書いてあるけど、ぴーぱーの1番安いプランにも岩魚のお刺身付いてました♫

じゃあ、1番安いプランで良くない?ヽ(・∀・) と思ってしまうのはぴーぱーだけでしょうか?

泊まった感想

前述通り、最初に訪れた時ほどの感動はありませんでしたが、それでもやっぱり良いお湯です✨

そして今回の新しい発見は料理が美味しい!!高級食材は出てきませんでしたが、きちんと調理してるお味です。そして朝夕部屋食なのはやっぱり落ち着く〜(*´꒳`*) 今回はお値段も安かったので、なおさら満足度が高かったのかもしれません。

ただ、格安プランだと公式サイトからの予約でも秘湯を守る会のスタンプ帳の押印がしてもらえませんのでご注意ください。それから全プラン共通で、現地ではクレジットカード払いができませんのでその辺もご注意を。

そういうわけで久しぶりの渓雲閣、また平日に来られる機会があったら(休前日は高い)再訪間違いなしです♪( ´θ`)ノ

番外編 外湯めぐり

公式サイトに詳しく書いてありますが新湯温泉には共同浴場が3つあって、旅館の宿泊者は無料で利用することができます。

前回宿泊時には全て入浴しましたが、今回は何しろ寒いもんで、、💦 とても浴衣で外を歩く気になれず、チェックアウト後に外観だけ写真撮ってきましたσ(^_^;)

むじなの湯

まずは渓雲閣のすぐ裏手にあるむじなの湯に行ってみましょう。部屋の窓からも見える小さい湯小屋がそれです。

これは渓雲閣の裏側。3F中央の大きな窓が大浴場です。その右下に見える階段から敷地の外に出てむじなの湯へ向かいます。

行きは下りで楽だけど、帰りは上りでツラい💦 夏は暑い💦

むじなの湯入口です。一般外来者は300円。地元の方は、、??

ここはいつも賑わってます。この時も中から話し声が聞こえました。そしてここのお湯はメチャメチャ熱いです(>人<;) なので、夏にここのお風呂に入ってから宿に戻るために階段を登っていると、すごく汗かいて💦 宿に着いてまたお風呂に入らないとなりません。

寺の湯

次は渓雲閣前の道路を挟んで向かい側にある寺の湯です。ここは混浴なのでぱーは入ったことありません。

ちなみに3つの共同浴場はどこも洗い場がありませんのご注意を。

寺の湯の後ろは硫黄山で、常に斜面からモクモクと煙が上がってます。

中の湯

最後に中の湯です。渓雲閣の公式サイトによると、ここのお湯は各旅館に引いてるのと同じ泉質だそうです。

むじなの湯がいつも賑わってるのに比べて、ここはいつも静かな気がします。それほど違いはないと思うけどなぁ?むしろこちらの方が入りやすい温度です。

中の湯の後ろ側にはこのように源泉を引湯する設備があり、源泉やら廃湯やらがザーザー流れてます。

3つの外湯めぐりは渓雲閣宿泊者だけではなく、新湯温泉街の白樺、下藤屋の宿泊者も無料です。ただ、源泉温度が高いので夏に入浴すると大汗必須💦

逆に真冬は外が寒いので巡ること自体が大変。なので外湯めぐりは春か秋がオススメですよ〜♪(´ε` )

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています