温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

紀伊見荘(紀伊見温泉)

| 0件のコメント

2019年10月訪問

念願だった高野山詣を終え、上池院を後にしたたぴーぱー。今日は温泉でのんびりしようと思います。

というわけで、予約したのは紀伊見荘。高野山から一番近い温泉(多分)だったので予約しました。あ、それから素泊まりとか朝食のみプランが選べたのも理由の1つです。

さて、到着した紀伊見荘。住宅街の奥にいきなり現れたので驚きました。こんなところに温泉宿があったとは、、

駐車場は玄関周辺と、少し手前にもスペースがありました。

荷物を持って中に入ります。入り口で靴を脱ぎ、下足箱にしまってチェックイン手続き。

支払いを済ませると、女性はフロント前で色浴衣を選べます。無料のサービスです。

色浴衣を選んだら、階段を上がって部屋に向かいます。

階段を上がると、まずはお土産コーナー。

その奥に、夕食の準備が始まっていたレストラン。

レストランを通り抜けると、すぐ横に自販機あり。

この自販機はソフトドリンクのみです。

さらに進むと休憩室。

公式サイトによると、日帰り入浴のみの営業は行っていないそうです。

休憩室を通り過ぎるとお風呂があり、

ようやく客室行きのエレベーターが近づいてきました。

エレベーター手前にはカラオケボックス。

コインランドリーもありました。洗濯機200円、乾燥機30分100円、洗剤50円です。

お部屋

ようやくお部屋がある3Fに着きました。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:★栄養満点★1泊朝食付きプラン
部屋タイプ:和室6畳(広縁・トイレ・洗面所付き)
土曜日泊:1人 / 8,300円(入湯税別)

部屋はリニューアルしたそうで綺麗です。でも、6畳の部屋はやはり狭いですね、、

一応広縁もあり。

広縁の奥にクローゼットと金庫がありますが、狭すぎて近づけない、、、

フロントで色浴衣を選んできましたが、部屋にも普通の浴衣がありました。

お茶菓子あり。

お布団敷きはセルフサービス。紀伊見荘は、元々は国民宿舎のようです。

入口の方に戻って、

空の冷蔵庫とポット。冷蔵庫内にグラスが入ってました。

反対奥にはトイレと洗面所。

必要なアメニティは揃ってます。洗面台にタオルもありました。

トイレはウォッシュレット付き。

ちょっと狭いけど、居心地は悪くありません。

部屋のインターネット環境は有線ですが、フロントでWifiルーターの貸し出しもしてくれます。以前、やはり国民宿舎の鷹巣荘で借りたのと同じようなルーターセットでした。

大浴場

大浴場に行ってみましょう。

その前に、客室階の奥にある喫煙コーナーと自販機をチェックしてみました。

紀伊見荘は全室禁煙です。おタバコはこの喫煙コーナーでどうぞ。

喫煙コーナーの横にアルコールの自販機。

品揃えはこんな感じです。

1Fにおりてきました。

まずは女湯からご紹介しますが、女湯の奥には会議室があるようです。不思議な造りです。

日帰り入浴のみの営業はしていませんが、ランチ利用者は入浴もできるということでしょうか!?

まずまずの広さの脱衣所。

鍵付きロッカーもあり。

公式サイトにも紹介されている “充実のアメニティ”。

でも、ブラシとヘアキャップはフロントに行かないとありません。

源泉名は紀伊見荘浴用温泉。源泉温度23.2℃、PH9.1。成分中の物質は色々書いてありますが、⚪︎⚪︎泉というハッキリしたことは書かれていません。

公式サイトにも書かれていますが、加温循環ろ過です。塩素も入ってます。

窓が大きくて明るい浴室です。サウナはありません。

お湯はそれほど塩素くさくなく、たまに温泉の甘い香りもします。PH9.1とのことですが、驚くほどのトロミはありません。

シャンプー類はこんな感じ。

続いて男湯です。

女湯より一回り小さく見える脱衣所。

洗面台は2つ。

男湯も、ブラシと髭剃りはフロントへ行かないとありません。

男湯も同じ分析書。

入ってみましょう。

浴室の広さは一緒です。

シャンプー類も一緒。

湯の花もほとんどない、透明なお湯です。適温で気持ちよく入れました。

朝食

朝食は7:00~9:30まで。「お好きな時間にレストランにお越しください」と朝食券を渡されました。

昨日、夕食の準備がされていたレストランが朝食会場です。

8時頃に行って朝食券を渡すと、決められた席に食事がセットされていました。

さらにハーフバイキングが付いているとのこと♪

どんなものがあるのかな!?

まずは味噌汁と、

白ご飯。これは基本ですね。

それから中央のテーブルに生野菜と、

納豆、海苔、デザート。

ドリンクはオレンジジュースと牛乳とお冷。

温かい飲み物が欲しい場合は、ほうじ茶と紅茶のティーバッグ。

ホットコーヒー、以上。

一通り取ってきてこんな感じ。

ヨーグルトが食べたかったなぁ、、、←ぴーの声。

最初にセットされていたおかずは多少見栄えが良いですが、ハーフバイキングの内容は先日泊まった夢の湯とほぼ一緒でした。

実は値段も同じ800円です。800円だと全国共通でこんな感じになるのでしょうか!?

泊まった感想

とにかく立地と温泉付きである、という理由だけで選んだ宿でした。

客室はキレイで問題ありません(狭い以外は)。お風呂も循環ですが悪くないお湯です。

しかし、これで1人8,300円はちょっと高いかな、、、?

他の月の値段を見てみると、1月は同じ内容で6,000円です。10月は紅葉などがあり、ピークシーズンなのかもしれません。

なるほど、、、。6,000円だったら再訪ありです。

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪

ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています