温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

松の井荘(中塩原温泉 / 塩原温泉)

| 0件のコメント

2018年3月訪問

栃木県の塩原温泉に行ってきました( ´ ▽ ` )ノ 今回ご紹介するのは、自家源泉掛け流しの宿 松の井荘です。どんな宿かな!?

塩原温泉郷には多種多様な源泉が150ヶ所以上あり、温泉の色だけでも7種類もあるそうです。(詳しくは塩原温泉郷の公式サイトをどうぞ)

松の井荘は、塩原温泉郷の中でも奥の方に位置します。じゃらんnetの案内には「高台に建つ静かなお宿」と書いてありました。

そうして着いたのは、田んぼ(?)、畑(?)の中にぽつんと建つ一軒宿。周囲には他に宿らしきものはありません。写真右手のスロープを入って行くと

駐車場がありました。

ちなみにスロープの手前には第2駐車場もありました。

荷物を持って玄関へ向かいます。

入口周辺

純和風のロビー。

駐車場の横が厨房か事務所らしく人の話し声が聞こえていましたが、玄関を入っても誰も出てきません。仕方なくフロントの呼び鈴を鳴らすと、すぐ隣から女将さんらしき女性が出てきました。玄関入ってきたの、気づかなかったのかな?

名前を告げて、チェックイン手続き。男女共に、ロビーで浴衣を選んでから部屋へと案内してもらいます。

部屋へ向かう途中にお土産コーナーがありました。

お部屋

お部屋へは、そのまま女将さんが案内してくれました。せかせかした感じの女性で「荷物持ちましょうか?」でもなく、先にたってどんどん部屋へと向かいます。まあ、フロントからすぐの部屋なんですけどねσ(^_^;)

お部屋は1Fの梅。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:2組限定★朝夕お部屋食&貸切露天★なかよしカップルお部屋食プラン♪
部屋タイプ:和室(10畳または12畳)
休前日泊:1人 / 10,800円(入湯税別)

部屋の案内や食事の時間の説明をすると、女将さんはまたせかせかと部屋を出て行きました。無論、お茶淹れはなし。

明るい広縁。

高台に建ってるので「眺望◎」と書いてありましたが、1Fの部屋からは隣の道路を散歩する近所の人がよく見えます(・∀・)

広縁の奥の冷蔵庫内には飲み物がギッシリ。

大瓶だけど、ビール800円(税別)はイイお値段、、

冷蔵庫と反対の奥には

シンプルな洗面台と

さらに奥にトイレ。このドアの雰囲気から察するに、古いトイレかな、、、

とドアを開けたら、自動で便器の蓋まで開いちゃう最新式✨ ギャップに驚く💦

浴衣はロビーで選んできたので、クローゼット内にはタオルとお風呂カゴ。

久々に押入れチェックしたら、無理やり押し込んだ感じの布団、、

十分な広さの部屋には満足しましたが「旅館に来た」というより「知り合いの家に泊めてもらった」ような感じ。あまり旅のワクワク感はありません。

Wifiが使えない(承知で予約しましたが)のもやっぱり不便で落ち着かない💦 と思っていたら、実はロビーではWifi 使えたんです。チェックアウトの時、フロントに小さい案内書が立ってるのに気づきましたΣ(・□・;)なんでチェックインの時に気づかなかったんだろう。・゜・(ノД`)・゜・。

1Fのフロントに近い部屋なら室内でも使えると思います(多分)。

貸切露天風呂

松の井荘には男女別の大浴場と、空いてれば無料で入れる貸切露天風呂があります。部屋まで案内してもらった時、大浴場はお湯が溜まるまでまだ30分くらいかかると言われました。ちなみにチェックイン可能時間は過ぎてました。

だけど、貸切露天はもう入れますので混む前に露天に入っては?と言われたので、まずは貸切露天へ行ってみることにしました。

貸切露天は1度外に出て、玄関のすぐ横にあります。入口に札が掛かっているいるので、それを「入浴中」にして入ります。

ドアを開けると広い脱衣所。

たくさん置いてある足拭きマットは取り替えた形跡なし💦

じゃらんnetには中塩原温泉と書いてありましたが、正確な源泉名は松の木平戦場(まつのきだいらせんば)源泉だそうです。泉温51℃、PH7.1のナトリウム塩化物 炭酸水素塩温泉です。

これは広い・:*+.\(( °ω° ))/.:+ この広さを無料で貸切にできるのは凄いですね。

お湯は熱めで、やや緑がかってます。

露天にはシャワーや石鹸類はありません。

ちょっと気になったのは、お風呂の縁に泡が溜まってること、、

もしかしたら掃除したてなのかもしれないけど、あまりいい気持ちはしません。

色々なことに疑問を持ってしまい、早々に露天を出ました(u_u)

翌朝ぴーにもう1度見に行ってもらったら、翌朝は泡は浮いてなかったそうです。やっぱり掃除の後だったのかな?

大浴場

そろそろお湯も溜まった頃だろうと、今度は大浴場に向かいました。大浴場は1Fの一番奥です。

廊下に自販機がありました。

やはりビールはイイお値段💦

まずは男湯からご紹介。

内湯は掃除仕立てな感じでキレイ♪

浴槽は、旅館の規模の割に大きめ。お湯もたっぷり入っていて気持ち良い(*´ー`*)

シャンプー類はあまり見たことない種類でしたが、チープ感はなかったです。

続いて女湯です。浴室は男湯と同じだったので、脱衣所だけご紹介。

残り少ないのが気になりますが、一応化粧品類もおいてあります。

最初に露天に入ってちょっとガッカリしましたが、内湯はお湯の良さを感じます✨ 源泉温度が高いのでお湯は熱めですが、橋本屋旅館のように入れないほどの熱さではありません。

その後は、内湯にばかり浸かっていたぴーぱーでした(*´ー`*)

夕食

夕食は時間の選択肢はなく18時からでした。いつも18時半にお願いするぴーぱーとしては早めですが、仕方ありません。

今回選んだのは「2組限定」の朝夕部屋食プランでしたが、なぜ「2組限定」なのか行ってみてわかりました。部屋食にできる部屋は厨房から近い部屋なんですね。鉛温泉の藤三旅館の時も厨房のすぐ近くの部屋でしたもん。

そうして運ばれてきたのはこんな感じ。

プランはいくつかありますが、料理の違いはないようです。

お品書きも料理の説明も特にありませんでしたが、公式サイトを見ると左が岩魚のお造りで、右が牛しゃぶでしょう。右上は海老の姿焼きと珍味盛り合わせ。

岩魚のお造りは同じ塩原温泉の渓雲閣でも出されたので、この辺りの名物なのかな?牛しゃぶのお肉が厚紙みたいに硬かったのが残念💦

左上の葉っぱの中はサーモン。

料理は全て一気出しかと思ったら、後から揚げたての天ぷらと

温かいたぬきそばがきました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

お米は地元産だそうで、ふっくらしてて美味しい♪

ボリューム満点の夕食はコスパ最高!!牛肉だけもう少し上質なものに変えてもらえば文句ありません( ^ω^ )/

朝食

朝食は8時でした。事前に電話連絡がきて、それから準備にやってきます。「お布団はどうしますか?」と聞かれたので「じゃあ、そのままでお願いします」と答えたら、こうして丸められましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

丸めた布団の横に、朝食がセットされます。

朝食も満足の内容✨ とにかくお米が美味しいからご飯が進んじゃいます♫

部屋を出ると目の前が食堂です。朝食後、お風呂に行こうと思ったらドアが開いてたのでちょっと覗いてみると、中はこのような畳にテーブル形式でした。

ぴーぱーが宿泊した時は、まだオフシーズンだったのか2組限定の部屋食プランがありましたが、現在は部屋食プランはないみたい。部屋食で泊まりたい方は、冬〜春が狙い目です。

ただ、部屋食にできる1Fの部屋は目の前が食堂で奥がお風呂なので人通りが多く、結構うるさいです。廊下の話し声がよく聞こえてきます💦 静かに過ごしたい人は2Fの部屋の方がいいかも。

泊まった感想

この値段で部屋食ができ、料理もボリューム満点。コスパはかなり高い宿だと思います・:*+.\(( °ω° ))/.:+ そのせいか、地味な宿の割には(失礼)子連れが多い事に驚きました。食事時とか賑やかです。

『なんかちょっと雑だなぁ』と思うところもあるけれど、色浴衣を選ばせたりお風呂カゴを用意したり、頑張ってる面も感じます。

あっ!!これって渓雲閣も同じだったΣ(・□・;)あの宿も、接客はそれほどサービス精神を感じないけど色浴衣やアメニティ面は気を遣ってたなぁ。

もしかしてこれ、塩原温泉の流行りですかね?(・∀・)

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています