温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

三井別館(皆生温泉)

| 0件のコメント

2019年6月訪問

ぴー1人、鳥取県の皆生温泉に泊まる用事ができ行ってきました。皆生温泉は、米子市中心部からタクシーで15分くらいです。

今回選んだのは、皆生温泉 三井別館。

口コミには、館内が古くてガッカリ等の書き込みも見受けられますが、実際はどうなのでしょう?

建物外観です。確かに新しくはありません。

駐車場は建物横にあります。

入り口。

レセプションやロビー周辺はリニューアルしたのでしょうか?新しいです。

お部屋

チェックインはとてもスムーズでした。キーを受取り部屋へ向かいます。

確かに廊下は少々古びた感じがします。

途中に浴衣棚がありました。部屋に用意してある浴衣のサイズが合わない場合、ここから取ってくださいと言われました。

部屋は308号室でした。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:『カニづくし満足会席』ご夕食は個室会場♪30日前までの早期申込み◆ズワイガニ2杯相当を使用!
部屋タイプ:『和室10畳』<バスなし・洗浄機能付トイレ>
平日泊:1人 / 18,360円(入湯税別)

部屋は決して新しくはないですが綺麗です。問題ありません。

一人泊なので、座イスは一つ。

広縁は広め。

冷蔵庫、冷水ポット、電気ポット。

一人泊なので、グラスも一つ。

2ドア冷蔵庫。中身は空です。

窓の外はお庭ビュー。

ガラスを閉めていると見えませんが、開けると綺麗な庭が見えます。

テレビ周辺。

右側の器具はマッサージ器です。

この押し入れの中は、

あ、押し入れではなくクローゼットでした。

茶器一式。

茶菓子も一つ。普段は、ぱーと二人が多いので、二個入っていないと少々寂しい。

ご参考までに。

玄関の方に戻ります。

上写真の左の方に、写ってはいませんが押し入れがありました。

洗面台。

アメニティは少ないと思ったのですが、あとで大浴場に行ったらひげそりが置いてありました。

洗面所横にお手洗い。

ウォシュレット付。

手洗い付。

なお、この部屋は “バス無しプラン”なので、バスはありません。

大浴場

館内を探検しながら大浴場へ向かいます。

2Fの売店付近の廊下が、少々古さを感じさせます。

売店横に水サーバー。

自動販売機。

アルコール類の品揃えは少ないです。数種類は欲しいところ。

ゲームコーナー。

居酒屋。

カラオケバー。

館内施設は一通り揃っています。でも平日泊だったので、利用者少なめでしーんとしていました。

お風呂到着。

館内には、御影の湯、人魚の湯の二カ所の風呂があり、夕と朝で男女入れ替わります。

まずは人魚の湯。初日はこちらが男性でした。

皆生温泉の説明書き。

脱衣所はまあまあの広さ。

洗面台に様々な石鹸やローション系が置いてありました。

浴室です。写真からもお解りいただけると思いますが、浴槽のお湯が床一面にオーバーフローしていて、とても贅沢な感じがします。ぴーはこう言うの大好きなんですよね。

歩いていても温かいし、特に冬場、洗い場で洗っているときも常に足元が温かくて、豊かな気持ちになります。

これが人魚です。

つづいて御影の湯。(写真は翌朝)

広い脱衣所です。

左右対称になっているので、以前は真ん中で仕切って男湯、女湯にしていたのでしょう。

水サーバーあり。人魚の湯の脱衣所にはありませんでしたが、上で紹介した売店横の水サーバーが、人魚の湯の出口すぐにあるのです。

もと男湯、女湯を一つにしただけあって、広い浴室、浴槽です。

こちらも床に蕩々とオーバーフロー。

洗い場もオーバーフロー。身体をこすった石鹸が飛び散っても、すぐに洗い流されるので清潔な感じがします。

二つのお湯の泉質は同じです。

塩っぱいお湯です。でも塩辛いほどではありません。無色透明。源泉温度が高いので加水している以外は、掛け流し、加温無し、循環無し、塩素無し。湯加減よし、上品ないいお湯です。

ぴーは気に入りました。皆生温泉。

夕食

夕食は個室です。早割りの特点で無料で個室食にしてもらえました。

かにの季節はすでに終わっていますが、『かにづくし満足会席』が楽しみです。

じゃらんnetのプラン説明に書かれていたメニューを載せておきます。

食前酒

先附:蟹味噌豆腐

造り:蟹刺し他

蒸物:蟹身入り茶碗蒸し

温物:蟹具足煮

焼物:焼き蟹半丁

酢物:蟹一枚分

鍋物:蟹すき小鍋

油 物:蟹天婦羅他

お食事 / 吸物 / 香物 / 水菓子

ど~ん!ゆでがにお一人様一匹!

かに刺し。

かにスキ。

かに煮物。

焼きがに。

かに天ぷら。

かに味噌豆腐。

これ以外に、かに茶碗蒸しもあったような気がしますが、酔っていたので憶えていません。写真撮り忘れました。

食前酒の梅酒。

もちろん冷凍かにですから、多くは期待していなかったのですが、カニってのはテンション上がりますね。楽しく盛り上がった夕食でした。

朝食

翌朝、朝食は、別の大広間に準備されていました。

和食膳です。

ご飯はおひつでもらえます。味噌汁は持ってきてくれます。

こちらも満足な内容でした。

食後のコーヒーは、コーヒーサーバーから自由に持ってくる形式。

ご馳走様でした。

泊まった感想

実はぴーは、皆生温泉は3回目です。(このブログを始める以前に泊まりました)

皆生には他にも多くの宿があり、中には高級で綺麗な宿もいくつかあります。

それらに比べると、三井別館は若干(人によってはかなり)見劣りします。建物も館内も風呂場も確かに新しくはないですが、でもぴー的には許容範囲です。悪くはないと思います。

ぴーは、塩っぱい温泉はあまり好みでないのですが、皆生温泉は泉温が高いのでどの宿も加水しているためもあると思いますが、極端な塩っぱさではありません。ぴーとしてはこれも許容範囲。なにより床一面にオーバーフローした湯でポイントアップです。古さ、塩っぱさの減点分をかき消してくれました。

再訪はあるか?と聞かれると、なにしろ皆生には他にも多くの宿があり、全部泊まって一巡するまでは無いかもしれません(一巡なんてできないでしょうけど)。でもお値段も考えるとリーズナブルでいい宿でした。

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています