温泉宿からビジネスホテルまで

旅好き夫婦が泊まった宿を全部公開!!

海若の宿(海若温泉)

| 0件のコメント

2019年4月訪問

淡路島で泊まる宿を探していました。いつものようにじゃらんnetで検索していると、”自家源泉掛け流し” の宿発見!それが今回ご紹介する、海若(わたつみ)の宿です。


場所は淡路島の中でもかなり本州寄り。本州から向かう場合は淡路IC、四国から向かう場合は北淡ICを利用すると便利です。

道中、それほど案内板はなかったように思います。突然到着して、慌てて駐車場に入りました。

駐車場に入るとすぐに中から人が出てきて、荷物を運んでくれました。

天井の高いロビー。

フロントでチェックイン手続きを済ませると、

ロビーでお茶とおしぼりを出してくれました。素泊まりなのに申し訳ないです、、

その後荷物を持って頂き、部屋へと案内してもらいました。

お部屋

お部屋は3Fでした。

今回じゃらんnetから予約したのは

プラン名:【◎お日にち限定◎】源泉掛け流しの薬効温泉にお得に宿泊!お食事なしの素泊まりプラン
部屋タイプ:【標準客室12畳】通常和室
平日泊:1人 / 8,000円(入湯税別)

標準客室ですが、広いお部屋でびっくりです。

広縁のイスも座りやすい♪

 

客室としては1番下の3Fですが、ちゃんと海が見えました。

広縁の端に冷蔵庫。

中のお水はサービスです。

これ以外の飲み物はルームサービスで頼めます。

ソフトドリンクもありました。

座敷のテーブルとイスもゆったりサイズ。

“禁煙室” の設定はありませんが、タバコの臭いはしませんでした。

部屋にはクッキーとお茶のティーバッグ。

クローゼットの中に浴衣類と金庫。お布団敷きは17:30~。頼んでおけば希望の時間に敷きに来てくれます。

浴衣は男女で色違い。

タオルとアメニティは部屋の外に置いてありました。

色違いのポーチの中には、それぞれ男性用と女性用のアメニティが入ってます。

廊下に2つのドア。

右側のドアを開けると、

洗面台とお風呂。

シンプルな洗面台。

使わなかったけど、広くてキレイなお風呂です。

もう1つのドアは、

トイレ。

部屋は広くて眺望良し。Wifiもサクサクです♪

夕方には、部屋からこんなキレイな夕日が見えましたー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

大浴場 くすし湯

部屋には満足したので、大浴場に行ってみましょう。

大浴場は2Fです。3Fの部屋からは階段で行き来できて便利でした。

2Fに降りると、廊下の一番奥に大浴場があります。

到着。

最初の暖簾をくぐると、中に冷水機と自販機があります。

自販機はソフトドリンクのみ。アルコールはルームサービスで頼んでください。

家族風呂の入り口もありました。公式サイトによると、60分/2,000円(税込)だそうです。

大浴場は朝晩で男女の入れ替えがあります。まずは、初日に男湯だった手前のお風呂からご紹介しましょう。

鍵付きロッカーの脱衣所。

洗面台には男性化粧品が置かれています。

掲示されていた分析書によると、源泉名は海若温泉。泉温38.3℃、PH7.7の単純弱放射能温泉です。加水加温循環等の成分に影響を与える事柄については書かれていませんが、公式サイトによると 敷地内に源泉を持つかけ流しの天然ラジウム温泉 だそうです。

それでは入ってみましょう。

じゃらんnetの宿名に〜湯の花舞う〜掛け流しの自家源泉〜海若の宿〜と書かれていたので、白濁湯で白い湯の花が舞っているのかと勝手に思いこんでいました。

でも、お湯はほぼ透明。あえて言うなら “茶濁” です。

改めて公式サイトを見るとちゃんとこのお湯の写真が載っていたので、単にぴーぱーの事前調査不足でした。お湯は適温で塩素臭はしません。

サウナもあります。

露天に出てみました。露天はオーバーフローしています。

確かに茶色い湯の花が舞うお湯です。

露天の浴槽は、表面のお湯は熱めですが下はぬるくてびっくり。掻き混ぜて適温にしましたが、給湯口から離れたところではそれでもお湯はぬるめでした。

続いて初日に女湯だった、突き当りのお風呂です。

もう片方に比べたら、こじんまりした脱衣所。こちらの鍵付きロッカーは壊れていて使えない箇所が多かったような、、、(もう片方のことは記憶がありません)

シンプルな洗面台。

女性用化粧品は1セットだけ置かれていますが、トレーからは外せません。なぜ!?

浴室も、それほど広くはありません。

こちらもサウナあり。

仕切りのある洗い場。上に置いてあるのは洗顔ウォッシュ。

露天に出てみます。

露天には浴槽が2つありました。ジャグジー浴槽は水道水かも!?

こちらの浴槽はオーバーフローしてました。

露天といっても、それほど景色が良いわけではありません。でもぴーぱーは、あまり開放的過ぎる露天も落ち着かないのでちょうど良かったです。この辺は好みですね。

ラドン温泉の効能を読みながら、お湯に浸かりました。

泊まった感想

ポーチ入りのアメニティが置いてあったりドリンクのルームサービスなど、部屋の設備には高級感を感じます。そして”高級路線の宿なんだな” と思って大浴場に行くと、ロッカーが壊れていたりアメニティがチープだったり、、、バランスの悪さに戸惑いました。

また、宿泊料金が高めな割には15:00インの10:00アウト。最近の “大人宿” は14:00インの11:00アウト設定が多いので、その辺りもちょっと残念に感じましたね。

とは言え、スタッフは親切だしお湯も悪くありません。何より、部屋からの眺めがとっても良いです♪

食事にもこだわっているようなので、”食べるの大好き” な人には良いかもしれません。

淡路島で泊まる宿をお探しの方、自家源泉掛け流しの海若の宿はいかがですか?( ´ ▽ ` )ノ

 

 

空室確認&予約はこちらが便利 ♪





ぴーぱー

作成者: ぴーぱー

旅行大好きな夫ぴーと妻ぱーの夫婦です。温泉大好きですが、仕事ではビジネスホテルまで全国津々浦々様々なタイプの宿に泊まり歩いています。高級宿レポは少なめ。また食べることにあまり興味がないので食レポも少なめです。そんな勝手なブログですが、旅好きな方の何かの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています